2016年12月21日水曜日

スケートボード体験会 & 総括

ICHIHARAフラットランドスケートボード VOL.1 「体感」

今回のスケートボードイベントは、
「フラットランド」(平らな場所)。その名前の通り、

『フラットエリアのみでスケートボードを表現する。』

ということにこだわったイベントとさせて頂きました。


今回のイベントの発想。

大会を通してスケートボードの技を選手が競い合い、

・スケートボードの技術の向上。
・青少年の育成。
・地域・公園の活性化。
・スケートボードの基礎から応用までのプロセスを平らな場所(フラットエリア)を通して表現し、イベントを通してスケートボードの認知度を上げる事を目的としました。




スケートボードは、平らな場所(フラットエリア)でも十分に楽しめることもできます。














また、スケートパークでセクション(構造物:ジャンプ台等)のスケーティングでは、フラットエリアで可能な技を、より三次元的な応用発想を形にできます。
















このイベントでは、『フリースタイルスケートボード』と『GAME OF SKATE(スケートゲーム)』
に焦点をあて、スケートボードに興味を持たれている皆様へスケートパークがどんな場所
かをまず見ていただき、イベントを通して多角的にスケートボードの可能性を知って頂くことで、
スケートボードの楽しさ。また技術向上のための基礎の大切さを伝えたかったのです。

企画立案は、10月初旬より始まりました。

主催 上総更級公園 公園センター様。

協力協賛 ムラサキスポーツ様・FSCOM様。

後援 TEAM  ICHIHARA

私達チーム市原は、イベント企画・運営は初めてですし、不安も多々ありました。
皆で何回も相談をして、不慣れではありますが頑張りました。


12月という冬にイベントを決行することは、若干勇気がいりましたが、
晴天・無風を祈りながら、準備をしました。

あっという間の当日。さすがに緊張しました。


タイムスケジュール














   


当日は、無事晴天。が少々風がありました。 
朝、8時スタッフ集合。急ピッチで設営です。














受付が始まりました。











GAME OF SKATE 
ジャッジMC担当 TAIGA君

  











GAME OF SKATE 
ジャッジMC担当 SUGA君






チームスタッフ(fujita君・INOUE君)
FSCOM(藤井兄弟・KANATA)

音響設備











音響設備(チーム市原)
寒さのせいか、インクジェットプリンタは外では作動しませんでした。(^-^;

トーナメント表











GAME OF SKATE (スケートゲーム)
トーナメント表




スケートゲーム 
 



























フリースタイル
 


各種目詳細は、前ページまでの情報を参照してください。<(_ _)>

イベントでは、スケートボード体験会と、FSCOMにフリースタイルデモンストレーションを
して頂きました。その中で、体験会の模様をお伝えします。

体験会参加人数は、約50名(25名×2回)でした。

体験会のまとめ動画です。





現在、TEAM ICHIHARAでは、
「まるごみ市原×TEAM ICHIHARA」という
事で、毎月第3日曜日にゴミ拾いをやっています。スケートパークはもちろん、公園全体を
参加者で分担して、30分~45分行っております。
BAYFMの毎週土曜日の朝の放送では、
DJーKOUSAKUさんが「まるごみ」を放送しています。

番組 ハートラック 
当日、「まるごみ」プログラムがありましたが、ゴミがほとんどなく、ゴミ拾い活動等の報告と協力の呼びかけをさせて頂きました。


イベントは、皆様の御協力を頂きながら、なんとか終了することができました。
本当にありがとうございました。
私共TEAM ICHIHARAは、企画・運営共にさまざまな課題を実感いたしました。
今後の活動に生かすことができるように頑張りたいと思います。





左から 上総更級公園センター 所長様
中央  FSCOM(藤井兄弟)
右    写真協力 ショウ君









画面中央、フリースタイルMC SHO-JI

















































皆様、本当にお疲れ様でした。またありがとうございました。





ICHIHARAフラットランドスケートボード VOL.1 「体感」

実行委員会 (TEAM ICHIHARA & 市原スケートメイト)















0 件のコメント:

コメントを投稿